ハーレーのサスペンションが傷んだ際の対処法

サスペンション

フロントタイヤ

車両に装着されているサスペンションは走行時の衝撃を緩和させる働きがあります。特に未舗装の悪路を走ると車体に強い衝撃が伝わるので、サスペンションによる緩和が不可欠です。その一方で走行時の衝撃や車両の重みが常にかかることから、サスペンションは部品の中でも劣化しやすい点を注意する必要があります。アメリカンバイクの一種であるハーレーのサスペンションも走行時の衝撃を和らげる働きがありますが、シートに座った際の感触の良し悪しはサスペンションの状態に大きく影響されるのが特徴です。そのため、わずかでも傷みが生じると乗り心地が格段に悪くなってしまう欠点があります。

ハーレーのサスペンションが傷んだ際は速やかに新品と付け替えるのが最良の対処法です。ハーレーは人気が高いバイクなので交換用の部品は入手が難しい問題がありますが、安価な中古の部品は耐久性が落ちている可能性があるので乗り心地の改善に至らない可能性があります。正規の販売店を通して新品の部品を購入するのが愛車の走行性能を損なわずに乗り心地を改善させるための条件なので、日頃から部品の在庫の有無を確認しておくのが不測の事態に陥っても迅速に対応するための秘訣です。

傷んだら交換

初めてハーレーに乗る人のための心得

ハーレーを楽しむ

憧れのハーレー

大型二輪免許を取った人の多くはハーレーに憧れを持つのではないでしょうか。
しかし憧れだけではハーレーには乗れません。
現実にハーレーに乗るためにまず知っておきたいことはどのくらいの値段で購入できるのか、年間の維持費はどのくらいかかるのかだと思います。

まずハーレーを購入するに当たっては排気量やファミリーによって異なりますが大まかな値段は新車で数百万円、中古車だと数十万円から数百万円が一般的な価格です。年間の維持費もバイクによって違いますが大体でいうと、まず保険代は国産バイクと変わりません。
平均的な内容の保険で年間約3万円となります。エンジンオイル代は大体3か月で1万円として、これも年間約3万円程度です。

車検は2年に1回で大体5万円前後なので、年間約2万5千円程度。残りはガソリン代や故障した時などのパーツ代です。それらもすべて含めて平均年間約20万円くらいとなります。月計算すると1か月約1万6千円くらいです。

転倒に注意

ハーレーに初めて乗るにあたりハーレーのエンジンは非常に多くの熱エネルギーを出しているため、オーバーヒートに気を付けなければいけません。
初心者の予防法としては長距離を走る時はこまめに休憩を取りエンジンに熱をためないようにすることと、エンジンオイルを劣化させないようにこまめに交換することです。
さらにハーレーのみならず大型バイクは重量がありますので転倒には十分に気をつけましょう。